fc2ブログ

Swearnet (2014)

映画
08 /20 2023
リクエストがあったので、1件再掲しておく。
スタジアムの中でタイツが脱げて股間をテレビで放映されたという
場面がある映画の話だ。

Swearnet (2014) IMDb
--------------------------------------------------------

男の大事な部分が映画で見えるときって、
シャワーの場合とか、着替えの場合とか理由があるよね。
それは裸になる必然があっただけの話だ。

では、徹底的にその部分を強調して見せるとしたら、
どんな表現方法があるだろうか。
自分が映画監督になった気分で、想像してみてほしい。

(1)まずどうやってパンツを脱がせるか
(2)次に手で隠したり障害物で隠れたりしない状態をつくる
(3)局部に注目するような理由や状況をつくる

ある映画の表現方法を、紹介しよう。シーンは2つある。

ある場面は、覆面マスコットが仰向けで爆睡している場面
同僚の二人が運ぼうと足を引っ張ると、タイツを脱げてしまった。
下に穿いていたのは、なんと女物のパンティー。
パンティーはすけすけで、かつ片側のタマ袋が完全に露出。
本人爆睡なので、隠したりはしないし、注目する理由もある。

もう一つの場面は、かなり徹底している。
アイスホッケー場でネット中継をしようとした場面だ。
覆面マスコットは、警備員と格闘し、手すりから真っ逆さま。
落ちかけたときに、ひっかかって、パンツがずり下がったので
観客のみなさんに、逆さチンチンが一瞬だけ丸見えになった。
その後、ぶらさがっている状態で、観客からお尻が丸見え。
こういうハプニングのチラ見はよくあるけど、問題はここからだ。

お尻は観客向きだけど、前は実況中継カメラが構えていた。
手を放すと階下に落ちてしまうので、自分で前を隠すことは不可能。
カメラの前に、股間を向けて、大写しになってしまう。

これが、どのくらい大写しかというと、
最初の一回で、レンズにチンチンの垢がついて汚れるほど。
皮は剥けてるけど、どちらかというと小ぶりでかわいい感じだ。
さらに、小さな色飾りとかつけているのもよくわかる。
ただ見せるだけじゃなくて、亀頭や玉袋がレンズにぶにゅっと
何度も押し付けられているのは、いままで見たことない映像。
それがアイスホッケー場の管内ビジョンで実況されている。

見せるならば、このくらい徹底してやってみるのもいいね。

 スウェアネット: ザ・ムービー

 Swearnet: The Movie (2014) IMDB

Netflixで配信されているけど、さすがにぼかしが入っている。

ネットにはボカシのない場面もアップされているから、
Swearnet: The Movie (2014) か Patrick Roach を入れた
検索で見つけることができるだろう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

映画一路

FC2ブログへようこそ!