fc2ブログ

映画「小さな赤いビー玉」

映画
06 /18 2023
「小さな赤いビー玉」 1975年 フランス映画

1940年代のフランスに住むユダヤ人家族の状況を子供視点で描いている。
日本の映画館で上映されたのは、2000年となっている。

 allcinema 小さな赤いビー玉 1975

 IMDB Un sac de billes

主人公は10歳の少年。
家族は戦況が変わるたびに住む場所を変えたり、危機を乗り越えようとする。
そしてとりわけ主人公は12歳の兄と安全な場所に向けて旅をするのだけれども、途中で二人はナチスに連行されることなった。
検査官の前に連れていかれた二人は、ユダヤ人かどうかを確認するため、おちんちんの皮があるかどうかをチェックされる。

この場面は兄が真ん中で正面、弟が左側にいてやや斜めの立ち位置となっていた。
二人ともズボンを下したのち、パンツを下げておちんちんを見せるのだけれども、お兄さんの方はよく見える状態だった。
しかし弟の方はパンツ姿のときからシャツで前が隠れていたので、あまり見えていない。

検査の結果、やっぱり割礼を受けているということになったけれども、二人は自分たちはカトリック教徒だと主張し、おちんちんの包がないのはイスラムの地域の出身だからと、あれこれ理由をつけて逃げきったようだった。解放されて、旅を進めることができた。

この、お兄ちゃんがおちんちんを見せている場面は、映画のチラシでは映画の一場面を紹介する写真として掲載されていたし、映画のパンフレットでもこの場面の写真が掲載されていた。すなわち映画を見に行く前から、お兄ちゃんのおちんちんの画像は公開されていたことになる。

1975年当時だから、映画でおちんちんを見せることはそれほど珍しいことではなかったし、日本で映画が公開された2000年当時でも、映画のチラシやパンフレットにそういう場面の写真が使われていて不自然はなかっただろう。今の感覚だと、使わないという判断になりそうだよね。

ちなみに、弟の方はというと、この身体検査ではシャツで隠れてよく見えなかったが、映画の後半、雇先の店主の家で過ごしている夜の場面で、自分はユダヤ人と告白して、パンツの前を下げて店主に自分のおちんちんを見せている。このときは、隠すものがないので、ちゃんと見えていた。

ユダヤ人か、ユダヤ人でないか、そのことで収容所に入るかどうかが決められ、場合によっては命の危機に問題になったというのが映画の状況から読み取れる。ユダヤ人かどうかを判断するために、パンツを脱がして確認をするというのが、どのくらい現実にあったのか正直わからない。映画では、そのように描かれたものがこの作品以外にも存在するので、そうであったのだろうとは想像ができる。

さて子役のおちんちんだが、本当に皮がなくて亀頭が露出していたのかについては、映像が鮮明でないのでよくわからない。むしろ皮はかぶっているようにも感じられる。あくまで演技としておちんちんを見せる場面を演じたということかもしれない。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントありがとうございます

デジタルリマスターで確認された方からコメントをいただきました。
しっかりムケていたそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

映画一路

FC2ブログへようこそ!