fc2ブログ

すばらしい松おじさん 1973年

映画
06 /24 2023
すばらしい松おじさん 1973

 IMDb Subarashii matsu ojisan

 allcinema すばらしい松おじさん 1973

以前、小学校の講堂で上映会が行われた作品「ボクは五才(1970)」を紹介したが、やはり小学校の講堂で児童を集めて行われた映画を一本紹介しよう。それがこの「すばらしい松おじさん(1973)」

小学校での上映会というと、業者の方が映写機を講堂に持ち込んで、前方のスクリーンに映し出す方法だった。その長いリールが回るのを見ているのも楽しかったという思い出がある。

この映画には、「ボクは五才(1970)」のような珍場面はなかったと記憶しているので、今までこのブログでは取り上げなかったが、一つだけ印象に残っている場目がある。それはクレイジーキャッツのハナ肇(松おじさん)が白昼堂々とすっぽんぽんになった場面があったことだ。有名人がお尻丸出しで映し出された。当時の小学生、ここは爆笑のポイントになっていたはず。それも映画のいきなり冒頭で有名人のヌード、こんなの見せて大丈夫か・・・そんな感じだっただろう。

松おじさんは、建設業で働く昔ながらの職人さんみたいなイメージだ。一方で主人公の幹人は団地住まいの母子家庭だった。その幹人が、簡易風呂に入っていた松おじさんをからかうために、お風呂中にふんどしをうばいとってしまうというもの。松おじさんは幹人を追いかけているうちに、とうとうタオルが落ちて、全裸になるという場面。後ろ姿だが全身を晒す場面となっていた。

このあと、最初は反発する幹人だが、すこしずつ松おじさんと心が通うようになっていく。そしてお母さんも松おじさんのことを信頼し、松おじさんからいろいろと教えてもらったりもするようになっていく。

ある日、幹人は松おじさんの家に泊まることになった。父親のいない幹人としては松おじさんとのお風呂を楽しむことになる。幹人の体を洗いながら、松おじさんは幹人の股間を眺めて、「心が立派ならばあそこも立派だ」みたいなセリフを言う。幹人をほめるために言った言葉だけれども、男子の評価をあそこに結び付けるのはどうだろうか。今の時代感覚だと差別的で配慮がないと批判されかねない言葉だね。残念ながらその立派なあそこは見せられなかったようで、映画ではお腹から上だけ映していた。

これを当時の小学生はどのように受け止めていたのか。伝統的な生き方をする松おじさんと、現代的な団地くらしの母子家庭、いろいろな生き方やあり方を知ってほしいという意図で見せた映画なのかもしれないね。、映画といっても、比較的短い作品で、公開はされてないようだ。いわゆる児童映画とか教育映画の分野だね。最近は東映がDVD化しているので、誰でも見ることができるようになっている。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 松おじさん

>12/26のコメントありがとうございました。
今コメントをオフにしていますが、内容は確認させていただいて
おります。

映画自体が児童向けの映画なのに、あえて「あそこも立派だ」と
言っているのは、子供があそこの話題が好きだからかなとも思い
ますね。リアルに言われたら照れ臭いでしょうね。今同じような
セリフを言ったら、おかしな大人だと思われるかもしれません。

映画一路

FC2ブログへようこそ!