fc2ブログ

ねむの木の詩 1974年

映画
05 /20 2023
「ねむの木の詩」は1974年に公開されたドキュメンタリー映画だ。

舞台となったのは静岡県にあるねむの木学園。宮城まり子が肢体不自由児を支援するために運営する私立の養護学校だ。障害がある子どもたちの抱える問題や支援のあり方を知ってもらう意図もあったと思うが、宮城まり子自身が自ら製作に携わっている。

  allcinema ねむの木の詩

  IMDb Nemuno-ki no uta 

子供たちは養護学校に寝泊まりしているわけだから、子供たちの生活、遊び、治療など、あらゆる場面を映し出している。

学園での生活の中にはお風呂もあるけれども、当然カメラはお風呂に入る子供たちを紹介している。そこでは複数の子のおちんちんが確認できる。

引き続きトイレの場面もあった。夜中に尿意を感じで目を覚ました男の子の場面だ。まずパンツを脱がされてからトイレに連れていかれるのだが、暗がりの中でおちんちんにスポットをあてて、ちゃんと見えるように撮影されていた。また外に出かけた場面においては、男の子が立ちションをする場面などもあり。これは少し遠くからの撮影だが、これらはすべて男の子にとっての日常なんだと思う。映画にするというときに、今の時代感覚とは異なるかもしれないけれども、当時として、この映画をみて違和感を感じる人はいなかったのではないだろうか。

しかし、映画の中でひとつだけ、これはどうなんだろうと思う場面があった。男の子が素っ裸になって草原の中を走るというものだった。男の子が外で裸でいる理由はない。お風呂やトイレという日常ではないので、創作された動画ということになるのだろう。裸の男の子が草原の中にいるというのは、まるで天使のようなイメージと考えられたのだろうか。それも、じっくり見せるため、スローで表現されている。プルプルと揺れるおちんちんを見せるための演出だったのだろうと思う。DVDのジャケットに裸の子が書かれているが、それはこの場面を表現したものだろう。

創作であるとしても、このような表現ができたし、普通に見ることができた時代だった。そのような表現がかわいいと評価もされたのだろう。今であれば、作るのは難しいと思われるが、一度映画として公開されたものは、今でもDVDなどのメディアで見ることができる。これが映画の力だと言えるかもしれないね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

映画一路

FC2ブログへようこそ!