fc2ブログ

催眠割礼を推進するクリニック ミトラ・フサダ

医学・学術
03 /25 2023
このブログでは過去、割礼に関する記事や動画をいろいろと紹介してきた。
それは子供が大人になっていくための通過儀礼であり、お祝いでもあるから、
家族がその様子を動画を撮って公開されることも多いのだと思う。

しかし過去の記事を振り返ってみると、リンクが無効になっていることも多く
そのままでの再掲載は難しそうだ。

手術の画像が厳しいという問題があるだろうし
そもそも男性器そのものを扱う動画となるのでより厳しく見られるのだろう。
それらの文化圏においては割礼が当たり前のこととして語られたとしても
グローバルで動画を管理する視点では不適切と判断されるのは仕方ない。

そういう中、クリニック側が公開する動画は消されずに残っているものがある。
クリニックの紹介や宣伝という意図があるかもしれないし
そうした手術の技術を共有するという意図があるだろう。
多くの場合はそうした動画は年齢制限がかけられた状態で公開されている。

今回紹介するのは
麻酔の前に催眠術をかけ、催眠状態のまま包皮切除を行うクリニックだ。

  Klinik Khitan Mitra Husada   

ここで行う割礼手術の手順は
 ①催眠術をかける
 ②局部に麻酔をかける
 ③リングを包皮の内側に入れ包皮の外から糸で締め付ける
 ④糸の前側の皮を切り取る

まず催眠をかけると、割礼を受ける本人は自分では動かなくなる。
他の割礼動画を見ていると、子供たちは泣いたりすることもあるけれも、
催眠状態では本人は動かないし、何も抵抗しないから簡単にできる。

次は亀頭の大きさにあわせたリングを包皮の内側に差し込む。
包皮の外側から糸をしばって、リングと糸で環状に挟み込んでいる。

内側のリングと外側の糸で挟まれた部位の先の包皮を切り取ってしまう。
きつく糸で縛っているので、切っても血が出ている感じがない。
リングは亀頭よりもり広いので、亀頭には包皮が触れてない状態。

傷口は糸できつく縛られた場所にあるわけだけれども
包帯など巻くこともなく、保護カップもつかわず、直にパンツを穿かせる。
このまま傷口が癒えるまでリングをつけておいて
後日リングを取り除くものと思われる。

催眠前に、ズボンを穿いていた状態だったが
催眠が終わったときもズボンを穿いている状態で、目覚めることになる。

これは簡単だし、本人にとってもかなり楽だろうなと思う。

クリニックの動画はYouTubeの以下のチャンネルで公開されている。

  MH Super ring indonesia 

見ていただいたらわかるように、1年前、2年前の動画も残っている。
動画は手術の状況がわかるように、比較的サイズの大きい子が多いし
公開されている研修動画では成人男性の手術もあった。

子供も大人もされていることは全く同じ
単にサイズが大きいか小さいかというくらいの違いしか感じられないね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

映画一路

FC2ブログへようこそ!