fc2ブログ

オペラ「リゴレット」 2001年コヴェント・ガーデン王立歌劇場

芸術・表現
02 /17 2008
あまりオペラに馴染みのない人にとっては、オペラはクラシック音楽の楽曲としての印象が強い。オペラの出演者は一流の歌手であって、派手な衣装を着て劇をしたり、すばらしい歌唱力で聴衆を魅了させてくれるものだと思っていたし、そういう面では、オペラは高尚な芸術であって、シモの話には無関係だと思っていた。

なのに、実際にオペラを見てみると、男女の愛し合う場面や、出演者が全裸になって劇をしたり歌を歌うこともある。映画が出来るはるか以前よりあった舞台芸術は、大衆文化や人間らしさもうまく表現しているようだね。オペラは本当に何でもありの世界だ。

ベルディの「リゴレット」(2001年コヴェント・ガーデン王立歌劇場)には、冒頭で舞踏会場の場面がある。そこでは乱交パーティが行われている。杖を男性器に見立てて、相手の女性の股に刺して腰を振る動作など、卑猥な感じが伝わってくるね。ちょっと子供には見せられそうにはない。そのうち、一人の女性が服を剥ぎ取られて全裸にされ、横たえられる。もちろん前張りなんてない、素っ裸。そうして今度は酒に酔った男の方も服を脱がされて全裸にされる。ぶらぶらしているのが丸見え状態。裸の男は、裸の女の上に、乗せられた。こういう場面が音楽や歌と一緒に、舞台で進行していくのだからすごいよね。それもほんの一瞬チラリと見えるとかいうことでなく、また照明を暗くして控え目にするわけでもない。舞台の上で堂々と見せているようだ。

映画であれば、カットやカメラアングルによって見せ方を変えることができる。しかし舞台では、一旦全裸になったら、聴衆から注目されるのは避けられない。そこで変に隠そうとすることもなく、自然な状態のままで見られ放題だね。ただし劇場で後ろの方に座っている人からだと小さくてはっきりしないかもしれない。それこそオペラグラスが必要になりそうだ。こちらは日本でもDVDが出ているみたいだから、確認することができるはずだよ。

舞台で出演者が全裸になるオペラは多少なりとも注目度をあげたり、サプライズを考えた演出なのではないかと思う。同じ作品でも必ず出演者が裸になるわけではないみたいで、これは演出家の考えによるものらしい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

映画一路

FC2ブログへようこそ!