fc2ブログ

テレビから「おちんちん」が消える日

TV番組
05 /18 2008
今年の4月11日、放送界の自主検証機関である放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会がテレビ番組で男児の性器を映さないよう注意喚起をした。これは、放送された映像が児童ポルノに悪用される恐れがあるからなのだそうだ。女児の性器はすでに放送はされていないとのこと。おちんちんの場合は、日本では比較的おおらかに見ている風潮があったのだが、児童ポルノが必ずしも女児を対象とするものばかりでないという認識から、今回の注意喚起につながったという。

児童ポルノを規制するのは当然ことだと思う。しかしそれ以外のものまで規制してしまおうというのは、一部の神経質なクレーマの意見に偏りすぎてないだろうか。昔のテレビは、「アンパンマン」放送の間に流れるお風呂の遊具のCMでおちんちんが映っていて、毎週見ることができた。また昼のドラマのCMではおむつをつける赤ちゃんのおちんちんがちらっと映ることもあり。もちろん番組中でおちんちん放送は問題く行われていた。これらのことを止めることで、児童への性犯罪が減らせるとか、児童ポルノを防止することにつながるのだろうか。

インターネットの普及にともない、世の中が大きく変わってきたのは事実。インターネットで普通に成人の性器を見ることができるようになってからは、映画での修正があまりうるさく言われくなってきた。今でも、ポルノ作品はだめなんだろうけど、一般映画での性器描写は間違いなく緩やかになっている。一方で、過去は映画やテレビでもまったく問題とされなかった男の子の「おちんちん」がテレビでは規制する方向で動いている。これも主としてインターネットの普及やデジタル編集技術の発達による影響というのだから複雑な気持ちがする。

いずれにしても、次第にテレビからおちんちんが消えていくことになるのだろうね。ちなみに先週のテレビ朝日のグルメ・紀行のバラエティ番組では、温泉に駆け込む男の子のおちんちんは普通に映ってた。
スポンサーサイト



映画一路

FC2ブログへようこそ!