fc2ブログ

尾崎豊 告白/CONFESSION 1995年

芸術・表現
01 /22 2023
音楽ビデオで「Morgane De Toi」を掲載をしたけれども
日本の作品で裸の子供たちが多数登場するものもあるので残しておこう。

尾崎豊の「告白」は、1995年にVHS2巻セットで発売されたビデオである。

それまでのライブやイメージ映像、語りなどがたっぷり4時間入っていた。
この作品については、レンタルなどはされておらず、高価なセルビデオを
買うしかなかったので、持っていたのは本当のファンだと思う。

動画タイトルが出たすぐあと、尾崎豊が海岸近くの草原に降り立つような
場面になっている。

そしてその草原に現れるのは子供たちで、尾崎豊と一緒に行進をする。
ホルストのジュピター(木星)のオーケストラ演奏が聞こえている。

子供たちは男女あわせて20数名ほどの幼児だが、全裸姿である。
尾崎豊を囲むように、あるいはリードするかのように歩いていく。
しばらくすると子供たちは消えて、尾崎豊一人で草原を歩いている。

これは何を表現したものだろうか。

子供たちは、ある面天使のように感じられるね。
子供たちを見ると、穢れがないとか、無垢とかいう言葉があいそうだ。

一方で尾崎豊からは孤独が感じられるね。
孤独な尾崎豊をたくさんの天使が導いているかのような映像に思われた。
そして、最後はまた一人で歩いていく。

この裸の子供たち、動画でも出てくるし、ビデオのラベルにも出ている。
1995年、このような動画や画像を入れた作品を作ることができたわけだが
今同じように表現することは難しいかもしれないね。

このとき出演した子供たちは今ではもう30歳を超えているくらいだね。
尾崎豊と一緒に歩いた当時のことって覚えているのか。ちょっと気になった。

スポンサーサイト



腹掛け一枚で雑技を演じる男の子

芸術・表現
01 /10 2023
中国雑技のお問い合わせをいただいていたので、とりあげておく。

以前も話題にしたことがあるけれども、
どうやら、過去の記事のリンク先などもなくなってしまったようだ。

今見られるものもあるようなので
「光屁股男孩耍杂技」でGoogle 検索をかけてみてほしい。
微博(Weibo)で動画をあげている記事があるのでヒットすると思う。

男の子のスタイルは、緑の腹掛け1枚しか身に着けていない。
舞台に立っているときは見えそうで、見えなさそうな感じに見えるけれども
演目を始めて体をそらせると、当然のこと丸見えになっていく。

体をそらしていくと下半身が完全に頭の上に乗った状態になるから
そのすばらしい演技を楽しんでいるお客さんたちの視線は
頭の上でちょこんと突き立った男子のシンボルに集中するよね。

過去紹介した動画では
レストランで食事をしながら見せる余興のようなものもあったが
それはお酒の入った大人たちを喜ばせるものだった。

しかしこの動画では、お客さんには子供たちが多いように見える。
どういう集まりでこの雑技を披露したかわからないけれども
同年代の子供たちが見ている前でこの姿は気まずいかもしれない。

衣装については、
あとの場面で道具を渡すため男の子が少しだけ舞台に出てくるが
そのときはしっかりと赤い衣装パンツを穿いている。
自分の演目をするときだけ、パンツを脱いでやっているのだろう。

有名な劇場で行われる興行においてこういう演目があるとは考えにくい。
依頼された出張興行で、興行主に依頼されてやっているのだと思う。

しかし考えるよね。
雑技団に自分の子供を入れて、将来スターにしたいという親がいるのか。

雑技団の子供たちは、多くの場合は孤児であったり、親が貧しくて子供を
劇団に入れたなどの話も聞く。
幼い頃から芸の道に入り、厳しいトレーニングに耐えられる子供がいなく
なれば、こういう演目も自然に無くなってゆくのかもしれないね。

Renaud   Morgane De Toi

芸術・表現
12 /31 2022
ミュージックビデオについてのコメントをいただいていたので、記載しておく。

  Renaud(ルノー)  Morgane De Toi 1983年

このビデオは海岸で撮影されたもの。少し夢の中の気分かもしれない。
浜辺に20人ほどの子供たちが現れて
ルノーにからむように、浜辺を走って回るという内容だった。
最終的にルノーはギターをもって海上のいかだのようなステージに立っている。

子供たちは小学校低学年くらいかな、男女同数で全員が裸で登場している。
映像は白っぽく見えるので、多少の効果はかかっているのだと思うけど
走っている子供たちのスローの映像もあるので、よく見えているよね。

場所が本当に広くて白い浜辺で、上空からの撮影もある。
今みたいにドローンの撮影じゃないから、大変だっただろうと思った。

今までミュージックビデオはあまり見てこなかったので
情報いだけると参考になる。

感謝

Naked Boys Singing! (2007)

芸術・表現
04 /09 2008
すでに知っている人もいるかもしれないけど、「Naked Boys Singing!」というDVDがある。どんなDVDかちょっと興味があるよね。

 IMDB Naked Boys Singing! (2007) 

出てくるのは、オーディションを勝ち抜いたイケメンの男たち。黒人もいれば、アジア系もいる。歌も歌うし、踊りもするし、お客さんたちもまじめにミュージカルを楽しんでいるんだよね。そう、どうみても普通にミュージカルに見える。しかし、普通じゃないのは、何らためらうこともなく、パンツを脱いでしまうことだろう。それも、ストリップ劇場みたいなエッチな感じじゃなくて、やっぱりミュージカルなんだ。男たちの歌もいいし、見ててすごくさわやかな感じすらあるけど、裸になっていると、ブラブラしているのが、どうしても目に入ってくるわけだ。それが、すごく滑稽に見える。

10人もいれば、それぞれ個性があるね。ムケチンもいれば、皮かむりもいる。大きいの小さいの、黒いの白いの、これだけちゃんと見せてくれると面白い。シャワー室の場面などは、恥ずかしそうに手で隠したり、そうかと思うと手を離して見て頂戴みたいな動作をしたり。全裸で一列に並んで隣の人の太ももをぱちぱちするパフォーマンスとかもある。

多少ゲイ趣向なのは否定できないけど、アメリカではこういう舞台ができるというのがすごいと思う。企画をする人、出演する人、見る人がいるからこそ実現できるんだろうなと思った。日本では、無理だろうね。

オペラ「リゴレット」 2001年コヴェント・ガーデン王立歌劇場

芸術・表現
02 /17 2008
あまりオペラに馴染みのない人にとっては、オペラはクラシック音楽の楽曲としての印象が強い。オペラの出演者は一流の歌手であって、派手な衣装を着て劇をしたり、すばらしい歌唱力で聴衆を魅了させてくれるものだと思っていたし、そういう面では、オペラは高尚な芸術であって、シモの話には無関係だと思っていた。

なのに、実際にオペラを見てみると、男女の愛し合う場面や、出演者が全裸になって劇をしたり歌を歌うこともある。映画が出来るはるか以前よりあった舞台芸術は、大衆文化や人間らしさもうまく表現しているようだね。オペラは本当に何でもありの世界だ。

ベルディの「リゴレット」(2001年コヴェント・ガーデン王立歌劇場)には、冒頭で舞踏会場の場面がある。そこでは乱交パーティが行われている。杖を男性器に見立てて、相手の女性の股に刺して腰を振る動作など、卑猥な感じが伝わってくるね。ちょっと子供には見せられそうにはない。そのうち、一人の女性が服を剥ぎ取られて全裸にされ、横たえられる。もちろん前張りなんてない、素っ裸。そうして今度は酒に酔った男の方も服を脱がされて全裸にされる。ぶらぶらしているのが丸見え状態。裸の男は、裸の女の上に、乗せられた。こういう場面が音楽や歌と一緒に、舞台で進行していくのだからすごいよね。それもほんの一瞬チラリと見えるとかいうことでなく、また照明を暗くして控え目にするわけでもない。舞台の上で堂々と見せているようだ。

映画であれば、カットやカメラアングルによって見せ方を変えることができる。しかし舞台では、一旦全裸になったら、聴衆から注目されるのは避けられない。そこで変に隠そうとすることもなく、自然な状態のままで見られ放題だね。ただし劇場で後ろの方に座っている人からだと小さくてはっきりしないかもしれない。それこそオペラグラスが必要になりそうだ。こちらは日本でもDVDが出ているみたいだから、確認することができるはずだよ。

舞台で出演者が全裸になるオペラは多少なりとも注目度をあげたり、サプライズを考えた演出なのではないかと思う。同じ作品でも必ず出演者が裸になるわけではないみたいで、これは演出家の考えによるものらしい。

映画一路

FC2ブログへようこそ!