fc2ブログ

SOS村 1998年 中国映画

映画
01 /04 2024
SOS村 1988 中国映画

オーストリアではじまったSOSこども村、養護施設というか、家族の中で育てる理念で孤児を育てることを目指しているよね。この映画は中国にできたSOSこども村を舞台として、養母と孤児の交流を描くドラマだ。

 IMDb SOS cun

 百度百科 SOS村

最初に孤児たちがバスでSOSこども村にやってくるところから。顔合わせ、点呼をしているね。その次はお風呂。みんなの脱いだ服が並べられて、15人くらいで一斉にシャワーを浴びている。背中を向けている子が多いけれども、おちんちんが見えるのは6~7人かな。お風呂の後半は二人の子供がわりとはっきりと見えていて、1人はおちんちんをつまんでいる。おしっこをしているのだろうか。

映画の中心となる男の子だけは個室のお風呂に連れていかれて、湯舟に入ってゆっくりお風呂に入ることになる。泡立てて泡の中に埋もれるような場面もあり、かなりながいお風呂場面だね。服を脱ぐ場面でおちんちんは見えるし、お湯の中ではわりと注目するような見せ方でおちんちんが映っていた。

動画は bilibili.com にあったので、以下に紹介しておく
 https://www.bilibili.com/video/BV1cb411P7uh/
スポンサーサイト



Y Adán y (1971・ チリ映画)

映画
01 /03 2024
少し古い難解な映画だけれども、ネットで共有されているので紹介したいと思う。

  IMDb Y Adán y 1971

1971年にチリで制作されたショートムービーだ。

タイトルは、「アダム」ということなので、最初の男性のことを意味しているのだと思う。

主人公のアダム君は海の中から、桟橋の上に飛びあがってくる。もともと海の中で暮らしていて出てきたのか、それとも海から生まれた瞬間なのか正直なところよくわからない。当然のことだが海からはじめてでてきた瞬間なので、服など着ているはずはない。したがって、アダムは裸ということになる。見た感じ12歳くらいだろうか。アダムが子供の間はおちんちんを隠すことなく演技が続いていくようだ。今だと映画でもそういう演出は難しいかもしれないが、1970年当初の映画なので、主人公がフルチンでもさほど違和感はない。

海から出てくる場面の撮影は、主人公が海に飛び込む場面を逆回転で表示させている。昔の仮面ライダーの特撮ものなどでもよくつかわれた手法だ。ただし海から飛び出してきたときに、体が濡れてないのでは変なおかしな映像になるので、最初に体を濡らしておいてから飛び込む撮影をしているのだろう。

アダムは桟橋から陸にあがり、浜辺を走る場面があるが、ここでは90度回転や180度上限逆さまの映像が使われており、頭がくらくらしてくる感じがする。多少トリッキーな映像で印象付け用としているのだろう。そうして走り終わったあとは、岩場の上に大の字に寝かせて回転しながら体をじっくり鑑賞する場面になっている。

次にアダムは波打ち際で1輪の花を見つける。その花を取ろうとするとその花はアダムと同じくらいの大きさの子供になってそばに立っていた。ここでペアになるようだ。アダムの相手はイブと決まっているはずなんだけど、相方の方にもおちんちんがついているんだよね。子供時代の相手は同性のようだった。それで12歳くらいのおちんちんが2人分見られることになっている。

そこから体を大きくしたり、空を飛んだりする格好をしながら二人で遊び、相方は再び消えて花に戻ってしまう。アダムは相方を失って少年時代の描写が終わる。

次に登場するのは薄手の服を着た青年のアダムだ。青年アダムは、魔物との出会いのあと、こんどは女性のイブとの出会いがある。女性を知ったアダムはジャケット姿になり去っていく。

実はこの映画には青年アダムとすれ違う老人アダムがいた。アダムは人生を終えて再び桟橋に戻ってくるようだ。桟橋までくると再び少年アダムが海から飛びだしてくる。映画の最後でも再び裸のアダムが登場するわけだ。それと入れ替わりに老人アダムは海の中に戻っていく。何か、このような人生の繰り返しがあることを暗示させるような描き方なのかもしれない。

白黒の映画だけれどもフィルムアーカイブから参照できるので、紹介しておく。
http://archivofilmico.uc.cl/archivo/y-adan-y/

Swearnet (2014)

映画
08 /20 2023
リクエストがあったので、1件再掲しておく。
スタジアムの中でタイツが脱げて股間をテレビで放映されたという
場面がある映画の話だ。

Swearnet (2014) IMDb
--------------------------------------------------------

男の大事な部分が映画で見えるときって、
シャワーの場合とか、着替えの場合とか理由があるよね。
それは裸になる必然があっただけの話だ。

では、徹底的にその部分を強調して見せるとしたら、
どんな表現方法があるだろうか。
自分が映画監督になった気分で、想像してみてほしい。

(1)まずどうやってパンツを脱がせるか
(2)次に手で隠したり障害物で隠れたりしない状態をつくる
(3)局部に注目するような理由や状況をつくる

ある映画の表現方法を、紹介しよう。シーンは2つある。

ある場面は、覆面マスコットが仰向けで爆睡している場面
同僚の二人が運ぼうと足を引っ張ると、タイツを脱げてしまった。
下に穿いていたのは、なんと女物のパンティー。
パンティーはすけすけで、かつ片側のタマ袋が完全に露出。
本人爆睡なので、隠したりはしないし、注目する理由もある。

もう一つの場面は、かなり徹底している。
アイスホッケー場でネット中継をしようとした場面だ。
覆面マスコットは、警備員と格闘し、手すりから真っ逆さま。
落ちかけたときに、ひっかかって、パンツがずり下がったので
観客のみなさんに、逆さチンチンが一瞬だけ丸見えになった。
その後、ぶらさがっている状態で、観客からお尻が丸見え。
こういうハプニングのチラ見はよくあるけど、問題はここからだ。

お尻は観客向きだけど、前は実況中継カメラが構えていた。
手を放すと階下に落ちてしまうので、自分で前を隠すことは不可能。
カメラの前に、股間を向けて、大写しになってしまう。

これが、どのくらい大写しかというと、
最初の一回で、レンズにチンチンの垢がついて汚れるほど。
皮は剥けてるけど、どちらかというと小ぶりでかわいい感じだ。
さらに、小さな色飾りとかつけているのもよくわかる。
ただ見せるだけじゃなくて、亀頭や玉袋がレンズにぶにゅっと
何度も押し付けられているのは、いままで見たことない映像。
それがアイスホッケー場の管内ビジョンで実況されている。

見せるならば、このくらい徹底してやってみるのもいいね。

 スウェアネット: ザ・ムービー

 Swearnet: The Movie (2014) IMDB

Netflixで配信されているけど、さすがにぼかしが入っている。

ネットにはボカシのない場面もアップされているから、
Swearnet: The Movie (2014) か Patrick Roach を入れた
検索で見つけることができるだろう。

Predchuvstviye ルーマニア映画(1992年)

映画
08 /02 2023
主要な登場人物である少年が性器いじりをする場面が明示的に
表現されている映画は珍しいと思うので、今回は紹介しておきたいと思う。

 IMDb Predchuvstviye(1992) 
 
映画は人類滅亡後のような設定なのだろう。
最初に登場するのは荒野を走る戦車と主人公の女性。
そこからさらに一人の男の子、牝牛などが見つかり、女性と男の子の
共同生活が行われれいくことになっている。

男の子は裸で発見されるので、主人公の女性は男の子を裸のまま
抱き上げて連れていく。なので、男の子の方は裸ありの設定だった。

この共同生活・・・
生き残った人類として、繁殖するには生殖活動が必要になるわけだ。
女性はいいとして、男の子はわずか8歳だから親子みたいなものだよね。
これはどうするのだろうかと思った。

映画の中盤、男の子が自分の性器を意識する場面がある。

(1)洞窟でお風呂の場面

男の子は裸になって立たされている。女が男の子の体を水で洗う
という場面。親子ならば、普通にある場面なんだけれども、これが
ちょっと変なことになる、

女は男の子の顔、胸やお腹を順番に手で洗って、次は下腹部に
なっていく。その洗う下腹部がよく見えるよう、男の子がカメラの方に
向きをかえている。オチンチンがアップ。この時点で、すでに少し
硬くなっているのわかる。

男の子は下を向いて女が触っている下腹部を見ている。
再びオチンチンがアップになった映像で、女の手が睾丸やオチンチンを
刺激している場面があからさまに表現されている。

カメラは男の子の足元のアップ映像に変わる。
女は男の子の足まで洗ったのち、その手は足から上にあがっていった。
カメラは男の子の足元を映しているが、男の子は足に力を入れて踏ん
張っている様子から判断して、そのあとも、オチンチンへの刺激が
続けられたことを、この映像から想像できる。

女が水がめをもって洞窟の外にいったあと、
一人残された男の子は、刺激されて半勃起になったたオチンチンを
落ち着かせるために、土を股間につけて冷やそうとしていた。続けて
放尿という展開だった。裸でリアルにおしっこをする場面となっている。

(2)オチンチンいじりがやめられない

この場面のあとは、男の子は裸の姿のまま女のあとをつけまわす。
しかもオチンチンへの刺激を覚えてしまったのか、チンチンいじりが
やめられなくなってしまったらしいのだ。
女の寝顔をみながら、裸の男がチンチンいじりをしているって
なかなか、こわい場面のように思うのだけど・・・
男の子の視線は女の足や胸などに向かっており、性的なことを想起
させる描写だ。

(3)女と再び向き合う場面

そして、木陰で女と向き合う場面となった。このときも男の子は
オチンチンいじりを続けていたようで、勃起したオチンチンを指で
つまんでいるところがアップで表現されている。

8歳の男の子と成人女性との間に性的な関係にもたせていくような
意図があるのだろう。
人類滅亡後の生き残りがこの二人から出発するなら、二人で好き
なようにやっていけばいいわけで、ここにいいも悪いもないわけだ。
映画の設定がそのものが変わっているように思った。

すばらしい松おじさん 1973年

映画
06 /24 2023
すばらしい松おじさん 1973

 IMDb Subarashii matsu ojisan

 allcinema すばらしい松おじさん 1973

以前、小学校の講堂で上映会が行われた作品「ボクは五才(1970)」を紹介したが、やはり小学校の講堂で児童を集めて行われた映画を一本紹介しよう。それがこの「すばらしい松おじさん(1973)」

小学校での上映会というと、業者の方が映写機を講堂に持ち込んで、前方のスクリーンに映し出す方法だった。その長いリールが回るのを見ているのも楽しかったという思い出がある。

この映画には、「ボクは五才(1970)」のような珍場面はなかったと記憶しているので、今までこのブログでは取り上げなかったが、一つだけ印象に残っている場目がある。それはクレイジーキャッツのハナ肇(松おじさん)が白昼堂々とすっぽんぽんになった場面があったことだ。有名人がお尻丸出しで映し出された。当時の小学生、ここは爆笑のポイントになっていたはず。それも映画のいきなり冒頭で有名人のヌード、こんなの見せて大丈夫か・・・そんな感じだっただろう。

松おじさんは、建設業で働く昔ながらの職人さんみたいなイメージだ。一方で主人公の幹人は団地住まいの母子家庭だった。その幹人が、簡易風呂に入っていた松おじさんをからかうために、お風呂中にふんどしをうばいとってしまうというもの。松おじさんは幹人を追いかけているうちに、とうとうタオルが落ちて、全裸になるという場面。後ろ姿だが全身を晒す場面となっていた。

このあと、最初は反発する幹人だが、すこしずつ松おじさんと心が通うようになっていく。そしてお母さんも松おじさんのことを信頼し、松おじさんからいろいろと教えてもらったりもするようになっていく。

ある日、幹人は松おじさんの家に泊まることになった。父親のいない幹人としては松おじさんとのお風呂を楽しむことになる。幹人の体を洗いながら、松おじさんは幹人の股間を眺めて、「心が立派ならばあそこも立派だ」みたいなセリフを言う。幹人をほめるために言った言葉だけれども、男子の評価をあそこに結び付けるのはどうだろうか。今の時代感覚だと差別的で配慮がないと批判されかねない言葉だね。残念ながらその立派なあそこは見せられなかったようで、映画ではお腹から上だけ映していた。

これを当時の小学生はどのように受け止めていたのか。伝統的な生き方をする松おじさんと、現代的な団地くらしの母子家庭、いろいろな生き方やあり方を知ってほしいという意図で見せた映画なのかもしれないね。、映画といっても、比較的短い作品で、公開はされてないようだ。いわゆる児童映画とか教育映画の分野だね。最近は東映がDVD化しているので、誰でも見ることができるようになっている。

映画一路

FC2ブログへようこそ!